借り入れをするときに発生するのが担保です。 しかし担保は借り入れをするときに必ずしも求められる訳ではありません。債権の弁済を確保するための手段であり、金額や場所によっては担保不要での借り入れも出来ます。消費者金融やカードローンの場合は、担保なく借り入れが出来る場合がほとんどでしょう。 一方、銀行などで高額を借り入れする場合は、担保が必要となる場合もあります。

なぜ担保が必要なのか

担保は借金返済が出来なくなったときの救済措置です。貸した側が得をする制度、と思っている人も多いでしょうが、借りた側を守るための制度が担保です。 担保があるからこそ、万が一返済が出来なくなったときでも債権回収をすることが出来ます。

担保は2種類ある

担保は大きく分けて、物的担保と人的担保の2種類です。

物的担保は物の担保です。 よく用いられるのが、土地、家、アパートといった不動産類でしょう。特に住宅ローンを組むときには、住宅ローンを組んだときに建てた家が担保代わりとなることが多く見られます。

人的担保は人です。いわゆる保証人、連帯保証人のことを言います。 金融取引の場合は連帯保証人となることが多いでしょう。親や身内などが、万が一返済が出来なくなったときに代わりに返済をすることとなります。連帯保証人は、保証をする人というよりも借り入れをした人と全く同じ立場の人とな

メニュー