お金を借りるときに必要となるのが保証人です。返済できなくなったときに保証人がいれば代わりに支払いを要求することが出来ます。そのため企業側は保証人がいてくれると安心でしょう。奨学金、賃貸物件の契約などでも保証人は発生します。では消費者金融の借り入れでも保証人は発生するのでしょうか。

保証人不要の消費者金融が多い

実は、消費者金融の借り入れは原則的に保証人不要のところが多いのです。大手消費者金融を見比べてみても、保証人必須な会社はほとんどありません。そのため、保証人を用意することが出来なくても、消費者金融の利用は出来るのです。

しかし、場合によっては保証人が必要となる場合があります。たとえば、最初から多額の融資を希望する場合は保証人が必要です。 次に、信用情報が不安な人です。ブラックリストに入っている、過去に任意整理や自己破産をしている人は、消費者金融を利用するとき保証人を用意しなければならないでしょう。 最後に返済能力が不安な人です。アルバイトやパートの人、実家暮らしの学生、複数の会社から借り入れをしている人などは、返済能力が不安な人です。これらの人も保証人なしで借りることが出来る場合もありますが、保証人が必要となる可能性があるので注意をしてください。

保証人と連帯保証人の違いとは?

消費者金融で必要となる可能性があるのは、基本的には保証人であって、連帯保証人ではありません。ではこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

保証人は、あくまで返済を保証するための人です。万が一債務者が返済できなくなったり連絡が途絶えたとき、保証人であれば債務者に連絡をすることや、差し押さえをするための時間の猶予が与えられます。

しかし連帯保証人は、債務者と同じ立場で借金をしているのと変わりありません。債務者との連絡が途絶えたら、すぐに連帯保証人宛の借金に切り替わります。連帯保証人となったかたは、債務者本人と同じ債務責任を負うことになるので、拒否をすることは出来ません。債務者へ請求をする猶予や差し押さえをする余裕も与えてはくれないでしょう。

また、連帯保証人は複数いた場合は誰が借金返済の代わりになるかはわかりません。連帯保証人同士で分担して返済をすることもありますが、消費者金融側が選んだ人が強制的に返済をすることもありえます。 保証人はあくまで保証人ですが、連帯保証人は債務者と立場が変わらず、何かあったときにすぐに返済をする必要があるのです。

メニュー